しゃがの長文

毎日400文字ちょうど書きます。

0767

TDD/BDDという概念がある。テスト駆動型開発/振る舞い駆動型開発と訳すことができ、簡単に言えばどちらも、開発作業の前にまずテストコードを作ってしまおうというものだ。この場合のテストコードとはそのまま要件のようなものであり、仕様を満足するかどうかはテストコードが教えてくれる。eXtremeプログラミングの一種に分類できる。▼こう書くと単純だが、実際にはテストの種類は膨大だ。モジュール単体の挙動を見るのか、システム全体を見るのか、ユーザー視点で操作するのか、条件は網羅するのか。例えばTDDはテストを指針にして数十秒から数十分の単位でコードをどんどん書き換えていくスタイルだが、チェック項目が多いほど時間はかかる。▼ところで、プログラムを書くときは必ずデバッグをする。正しい挙動かどうかはそのときに確認するものだ。明示していないだけで、ほとんどの人はTDDやBDDを行っていると言っていいだろう。