しゃがの長文

毎日400文字ちょうど書きます。

0779

有休を使い、0泊2日の弾丸で名古屋に行ってきた。愛知に帰省している友人に来ないかと誘われたので、観光はそこそこに、主に贅沢なものを食べようという目的で突撃した。▼深夜バスから降りたのが午前7時、名古屋駅にはまだほとんど人気がない。この時間ならモーニングをやっている喫茶店がいくつもあるだろうということで、連れと合流する前に小倉トーストのモーニングを食べてきた。衆院選のニュースを見ながら紅茶を飲んだ。夜行バスではやはり眠りが浅く、コーヒーにすればよかったと後で思う。▼昼は大須で1皿2000円の高級なモンブランを食べた。栗りんという名前のモンブラン専門店で、イートインでは栗の香りのスチームと共にモンブランが提供される。映えを意識した演出だろうが、それ以上にシンプルにケーキがかなり美味かった。▼夕飯は矢場とん味噌カツ定食。定番だ。帰りのバス代も含めてたった1.6万で済む、コスパの良い旅行だった。